変化

LINEで送る
Pocket

いつもSTABIZをご覧いただきありがとうございます。

 

皆様の当サイトへのご協力に心より感謝申し上げます。

 

 

 

2018年の1月に始めたこのサイトも、間もなく半年を迎え

 

次のインタビューの掲載で15人目の経営者の方の掲載となります。

 

 

「多くの人に、小規模での起業の良さを知ってもらいたい」という思いから始めたサイトですが、実際に始めてインタビューを重ねるごとに、私の中で変化が生まれてきました。

 

まず一つ目は、

「小規模での起業の良さ」を伝えたいという思いについては変わらず、いえむしろより強く考えるようになってきています。

 

それは、中小規模の起業経営者の皆様からお話をお聞きすることで、よりその「良さ」を確認することができているからです。

 

また、それぞれの経営者の皆様が、苦しい思いや大変な思いをしながらもそれぞれ違った形での「幸せ」や「満足」を得ていることを直接お話いただき、知るに至ったからなのだと思います。

 

 

二つ目は、

起業経営者の方のお話をお聞きすることで、私自身が素晴らしい経営の勉強をさせていただいたいており、ほんの僅かずつではありますが私が成長できている、ということです。

 

自らの力で起業した経営者の皆様から、一対一で直接お話をお聞きする訳ですから、これほど贅沢な時間はありません。

 

インタビューは、1時間ほどのお時間でお話をお聞きするのですが、録音させていただいたお話を私自身が書き起こしてゆきます。

 

お話しいただいた言葉の本当の意味をできるだけ理解するために、何度も巻き戻して聞き直して書き起こしていきます。

 

10分のお話を書き起こすのに1時間程度の時間がかかります。

 

1時間ほどのお話を書き起こすためには、6時間ほどの時間を要します。

 

その間、何度も巻き戻して聞き直すため、録音を5~6回ほどお聞きすることになります。

 

書き起こし中

 

更に、書き起こした文章をチェックするために最低でも5~6回ほど読み直します。

 

経営者の方ご本人にご確認いただき、サイトへの掲載の準備の段階で更に2~3回読み返していきます。

 

サイトへ記事を掲載した後は、更に5~6回ほど読みます。

 

何度読んでも飽きることが無いのは、皆さんのお話が本当に勉強になるからです。

 

 

私はライティングの勉強をしたこともなく、ライティングの仕事もしたことが無いため、この方法が正しいのか否かはわかりませんが、次のことに注意をしてインタビューを文章化していきます。

 

 

・書き起こした内容が、ご本人のお話の意図とかわってしまわないように。

・できるだけ文語体に修正せず、可能な限りご本人の言葉に忠実に。

 

 

このように20回以上にわたり、繰り返しお話をお聞きし、何度も読み返しながらインタビュー記事を作成していくと、一度目のインタビューで私が理解していなかった、経営者の方が言いたかったこと、話していた本当の意味、に気づくことがあります。

 

 

インタビューしたときには、その上辺しか理解していなかった、もしくは上辺どころか言葉の意味に全く気付いていなかった、ということがわかることがしばしばあるのです。

そのように、本当にわずかでも、少しでも、経営者の皆様の考えていることや経験に触れることで、私にとって非常に大きな勉強となる、ということは言うまでもありません。

 

経営者は何を考え、どのように仕事をするべきなのか。

 

いえ、経営に限らず、仕事というものをどのように捉え、どのように取り組むべきなのか。

 

そのことのとても大切な勉強をさせていただいているのです。

 

 

 

私は100人の方へのインタビューを目標としてこのサイトを始めました。

 

「100人の方の起業のお話を多くの人にみていただきたい」という考えからその目標を定めたのです。

 

 

今は、「多くの人にみていただきたい」に加えて、「私自身が100人の方のお話をお聞きしたい」という、主体的な理由の方が大きくなってきています。

 

 

その結果、お聞きさせていただいた内容を私だけではなく、多くの人に見ていただければ、というように変わってきました。

 

100人もの「先生」から、直接「仕事」という勉強を教えていただけるというのはなんて贅沢なことでしょうか。

 

 

私は、日々の仕事の中でも、お客様、従業員、取引先の方、すべての方を「先生」と思って、皆様からできるだけ多くのことを学び、吸収しようと考えて仕事をしています。

そしてインタビューを始めてからは、今まで以上にその考え方を強く持って日々を過ごせるようになってきています。

 

これは本当に私にとって大きな良い変化です。

 

 

このことをかみしめながら、明日からまた取材の日々を送ってまいります。

 

 

今後とも本サイトへ変わらぬご支援とご協力を何卒よろしくお願い致します。。

 

 

取材!取材!