17 谷本 智之 氏 第2章 ソーシャルゲーム関連 【株式会社 エクスデザイン 代表取締役】

LINEで送る
Pocket

谷本 智之 氏


株式会社 エクスデザイン
http://www.exdesign.info/

代表取締役

略歴
2008年11月 創業
2013年 3月 法人化

事業内容
イラストレーション事業部
●ソーシャルゲーム、コンシュマーゲーム等キャラクターイラスト全般、
背景、アイテム、アバター関連、制作、管理、マンガ、
その他広告イラストレーション全般制作業務
●クリエイター育成教育事業
●キャラクターコンテンツ製作事業

スプライトアニメーション事業部
●Live2D・Spainを使用したアニメーション制作業務

エクスラボ事業部
●グッズ企画・制作 ●通販サイト運営 ●商品開発販売事業
●(株)ワイストーン 総合販売元エクスコスメ運営
http://silkamino.jp/

クリエイティブ事業部
広告制作業
(ロゴマーク、チラシ、ポスター、フライヤー、ポストカード、
新聞広告、名刺、封筒、サイン、コースター、CDジャケット、
ステッカー、印刷管理代行、写真合成、WEBサイトデザインなど)


 

7.フリーランスの育成のために

 

そうやって中(会社)の力を増やしていきながら、フリーランスの方々にもレベルアップをしていただきたかったので、外部のフリーランスの方々の為に色々な講習会を開催しました。

最近はネット上にもフリーランスの人向けに分かりやすい情報も増えていきましたが、当時はまだそういったものが世の中に充実していなかったので、

税金の仕組み、保険の仕組みから始まり、イラストの描き方までも色々な講習会を開いたりしました。

 

稼いだお金にかかる税金は翌年にくる、なんてことは学校では教えてくれません。

当時はゲームバブルでイラストの仕事があるから、そういった知識を持たずに専門学校を卒業していきなりフリーランスになったりしている人も多くいました。

そして2年目に税金の地獄を見たりしているんです(笑。

 

僕自身も起業したときに社会の仕組みを知らなくて、色々苦しい思いをしたことを若いフリーランスの人たちに同じ体験をさせないためでした(笑。

 

そういった活動も含めてフリーランスの人たちとの仕事を継続していると、フリーランスの人たちのスキルも伸びてきて、ゲーム関連のイラスト制作業も利益がでるようになってきました。

 

 

 

8.法人化

 

そこで、それまでは個人事業主で事業をしてきた当社も2013年3月に法人化することになりました。

 

ようやく売上が1,000万円を超えるようになってきたからです。

 

なのでそれまでは僕自身、開業時の借入もありましたので返済を優先していましたから

自分の事業からまともな給料はもらってはいませんでした。

 

それまでもお金に関しては困って苦しかった時もありました。

ただ、仕事がきちんとこなせるようになり、体制ができ始めてからは「ここからどうするか」としか常に考えていなかったので乗り越えて来ることができました。

 

 

 

 

9.2,000万円の赤字

 

法人化した後に2,000万円の赤字を出したことがあります(笑。

 

法人化した後に、事業を拡大するために大きく融資を受けることにしました。

2014年末のことです。

 

大口の仕事をいただくことになったんです。

半年以上の期間を要する1つのプロジェクトを丸ごと当社が担当する事になっており、

仕事の量が多すぎて、会社を拡大しなければならないという状況でした。

人を雇用しなければ仕事をこなしきれない事と、それに伴って事務所を増床しなければなりませんでした。

それらの投資のために融資を受けたんです。

 

その仕事は、ゲーム会社からその仕事を受けた元請けの会社が、更に当社に委託をしてくる、という構図でした。

そうしたら、その元請けの会社がそのゲーム会社から受けていた別の仕事でトラブルを起こしてしまい、当社が請負う予定だった仕事も無くなってしまったんです。

 

自分を責めて落ち込む日々を過ごしましたが、会社を拡張していましたから、とにかく仕事を受注しなければなりませんでした。

年末の話で、そこから数ヶ月が制作が空白になり大赤字をだしました。

 

その仕事がなくなっても、世の中には他にも仕事がまだまだ沢山ありました。

当時はまだビジネスパートナーだった今の役員も他の仕事を沢山持ってきてくれましたので、立て直しの見込みはありましたが、

 

会社をきちんとした会社としての組織化せず、急にただ社員を増やしましたからいろいろな問題が出てきました。

 

部長、マネージャーなどの役職者もなく、社長1人とあとは全員社員、という体制です。

僕が指示を出したつもりでも、その情報は全員には伝わっていない、という状態です。

 

今度は仕事はあっても社内の制作がうまく回らない、という状況になりました。

 

もともと一つの大きなプロジェクトを全員で取り組む予定が、その仕事は無くなって代わりに小口の仕事が沢山入ってきたんです。

全員で一つのプロジェクトではなくて、一人一人が違う仕事に取り組まなければなりませんが、組織化されていないので適切な工数も管理できていないですし、指示系統もないわけです。

だれが何をやっているのかを誰も把握できていない状態です。

 

社員はどういう状況かもわからない中で、僕だけ一人で焦って出張営業を繰り返している、という状況でした。

そうすると誰からも指示がないので、社員はやることがないから暇をして定時には帰る、という(笑。

僕はそれを疎ましいとは思わないで、ただただ「まずいな。まずいな」と思いながら焦っているんです(笑。

 

そこで当時、東京で当社の仕事の営業をしてくれていたビジネスパートナーが「手伝いましょうか?」と言ってくれて当社の社内に入ってきてくれたんです。

 

 

 

 

10.社内の変革

 

僕はそれまで、数字の管理や仕事の契約などを全て感覚でやってしまっていたんです。

 

社員の育成や給料の決定についても全て感覚で決めていました。

 

給料は自己申告制でした。

 

社員にヒアリングをして「いくらほしい?それならこれくらいの売上分の仕事を担当してもらうね」という、予測と感覚値で決めていたんです。

その売上が本当に会社として確保できるかどうか、とか根拠がない未来の数字だけで決めていたんです。

僕は常に社員の給料をあげることしか考えていなかったので(笑。

もうメチャクチャです(笑。

経営として成り立っていませんでした。

組織化もしていないので、僕の考えを誰かが全員に説明してくれるなんていう仕組みもないんです。

僕が毎回一人一人全員に話さなければだれも情報を知らない、という状況です。

僕が忙しいときは話ができないので誰にも情報が伝わらない、という。

 

僕はそれまで、クリエイターたちには楽しみながら仕事をしてもらうことを重要視していたので、「午後からライブに行ってきてもいいよ」とか自由に勤務をさせすぎていたのです。

 

社会的なルールをある意味全て無視していたんです(笑。

 

当時の僕は「『普通の会社』にしたくない」という思いを持っていたんです。

もともと「仲間」として採用してきたので、みんながしっかり考えてくれさえすれば「仲間」でしっかり進んでいけるんじゃないか、とうい勘違いをしていたんです。

それが通用するのは10人以下でした。

なんなら5人以下じゃなければかなり厳しい思想だと今はわかります。

 

僕は勝手にチームの「仲間」だと思っていたんですけど、当の本人たちは「雇用されている」という現実はどうやっても払拭できないんですよね。

これはどう考えても無理なことなんですけど、気づくのが遅かったです(笑。

 

 

そこにビジネスパートナーだった人が役員として会社に入ってくれたことで、ちゃんとしたあたりまえの会社の経営の仕組みを作ってくれたんです。

彼は「まず普通の会社にしましょう」と言って、社内の制度やルールを全て作ってくれました。

給与制度、評価制度、なぜ目標が必要なのかとか、勤怠制度とか人事制度などです。

部長を作って、チームリーダーを配置してと組織、指示系統も整えてくれました。

 

世の中の一般的な会社にしてくれました(笑。

 

これにより、僕自身がそれまでの自分の間違いを理解できました。

 

でも一方で、彼が入ってくれた時もまだ「僕自身は普通の経営者にはならない」と考えていたんです。

 

お客様が僕を信用してくれている状態だったので、まだ「現場にいたい」と考えていたんです。

なので仕事の全てを社員に渡していない状態でした。

 

納品物の責任、クオリティの責任は全て僕がチェックして責任を全うしよう、と考えていたんです。

何故かというとそれをやっていると楽しいからなんです。

モノづくりをやってきた人間は、やはりモノづくりが楽しくてそうなっちゃうんですよ(笑。

 

役員からも「もういい加減に社長になってください!」と怒られました(笑。

 

それでもまだ、「僕は経営者であって皆を守らなければならないけど、僕は僕のやりたいこともやるんだ」という二つの考えが自分の中でずっとせめぎ合いをしていました。

 

一方で役員が会社の中を少しづつ整理してくれてますから、会社は少しづつ良くなっていたんです。

 

 

 

11.自分の変革

 

そんな中、最終的に僕が本当に変わる大きな出来事がありました。

 

新人社員の一人が卒業してきた学校から取材を受けたんです。

 

その社員が取材を受けた記事に

 

「この会社に入って夢が叶いました」

 

と書いてあったんです。

 

 

それを見た瞬間に僕の脳は切り変わりました。

 

「自分は経営者だ、もう現場に入ってはいけない」と。

 

「僕はこれ(社員の夢)を守らなければいけないから、自分のエゴで進めるわけにはいかない」とようやくそこでスイッチが入りました。

 

その社員の一言は僕にとってかなり衝撃的でした。

 

僕は「人の夢」を抱えているんだ、ということです。

気付くの遅いわ!、ですよね(笑。

 

それまでは僕はただクライアントやユーザーさんのことを考えて仕事をしていました。

でも、それだけじゃなくて「社員の人生」を守らなければならないんだ、ということに気づいたんです。

自分はこんな大変ことをやらなければならない役割なんだ、とその時に気づいたのです。

 

会社の代表としての役割を果たそう、と変わりました。

 

表に出よう、と思い、それまでは取材なども断っていたのですけど、外部からの取材なども受けるようになりました。

会社の為になるのであれば、という思いです。

 

僕は自分でモノを作れます。

 

クリエイターとしていつでも仕事をできるので、万が一何かがあっても、全て責任を取った後に、また一人でゼロから始めることができる、という自信を持っています。

 

また、もし会社が危機になっても、今の時代は力仕事でもアルバイトでもなんでもできる仕事は世の中に沢山あります。

社員に給料を支払うためなら、僕自身がいつでもそれをやる選択肢を持っていました。

 

でも会社の規模が20人を超えてくると、もうそういう方法で従業員全員の給料を僕一人で稼いでくることはできなくなりますから、経営判断も本当にシビアになってきます。

そういうところも僕自身が変わったところです。

 

これまでは、今周りにいる本当に多くの人に助けていただいてここまで来ました。

周りにいる皆さんがいなければ本当にここまでは来れませんでした。

 

今はこのように会議室も作って、みんなで会議や打ち合わせをしている、という状況にしてくれたのも皆のおかげです。

飲み会の時に雑談で話すのではなくて、会議の場でみなでしっかりと意思疎通をするということはそれまでありませんでしたから。

 

そういう状況にしてくれた周りの人や、社員のためにもしっかりと社長の役割を果たしていきたいと考えています。

 

 

 

12.起業を目指す人へのアドバイス

 

起業を一人でやる、ということはあると思うんですけど、会社を立ち上げて社員を雇用したら人を育てていかなければなりません。

 

全てが自分一人の思うようになんてならないんです。

 

僕の会社は今22人の規模になりました。

 

そうなってくると会社は「生き物」のようなんです。

止めたくても止まらないんです(笑。

会社、組織が自分の意思を持って生き始めたときに、どうやって活かしていくか、なんです。

自分一人で事業計画を立てても、その通りになんてなかなか上手くいきません。

常に従業員が考えてることをヒアリングをして、どうやって成長させていくか、なんです。

 

よく経営者のことを「船頭」と言いますけど、本当にそうだと思います(笑。

 

常にジャッジをして組織や会社を動かしていかなければならないんです。

ですが、ここぞという判断は独断でも進めないと進まない事もあるバランズが難しいです。

そういったことを覚悟したうえで起業していただきたいと思います。

 

僕は最初の頃にそういった考えが無くて、「自分1人が考えればなんとかなる」と思っていましたから。

 

例え小規模であったとしても、5人を超えたらもう自分1人の思うようには進まなくなりますから。

それを分かった上で始めないと、僕のように地べたを這いずり回るような苦労をすることになりますから(笑。

 

 

 

 

 

13.起業して後悔したことはありますか?

 

人のことで悩みすぎたときに嫌になってしまったことがありました。

 

僕は自分で言うのもなんですが、自分のために利益を出したい、という思いが平均よりおそらく低く、

お金は生きるに必要なだけは欲しいぐらいでした。

 

それよりも楽しいことをしていたいとか、続けられることをやりたい、ということを常に考えていました。

 

それが人が増えてくると、人の事で悩むことが本当に多くなって、それを考え続けると本当に嫌になってしまったことがありました。

従業員に裏切られてしまったり、悪口をいわれてしまったりしたのです。

 

ストレスで吐き気が止まらないくらいになってしまった時がありました。

「なんで会社を始めてしまったのかな」と思ってしまったことが何度かありました(笑。

 

最近は僕に対して何か、ということはありませんけど、従業員同士でのトラブルが起きたりと、規模に応じて人のことでの悩みはまた変ってくるものですね。

 

 

僕の座右の銘は「にんげんだもの」です(笑。

 

ずーっとそう思っています。

 

起業した時からずーっとです。

自分の思い通りになんてならない、と。

 

「にんげん」がやっていることだからこうなるよね、というのは「諦め」ではありません。

 

「にんげん」だから悪いことも起きますけれども、逆に「にんげんだから」こうなった、という良い結果もあるわけです。

 

 

 

14.起業して良かったこと

 

人で苦労した話をしましたけど、起業して良かったことは、逆に「人の雇用を生み出せている」ということです。

 

僕自身は自分一人でモノを作って、交渉して、営業までして、自分の食べていくぐらいの仕事をすることができる人間だと思っています。

 

でもみんなが器用に一人で全部をできるわけではありません。

 

「凄く絵がうまい」という人は沢山います。

 

でも外の人が誰もそのことを知らずに、本人が引きこもっている、という人もいるんです。

 

才能ある人が絵でお金を稼げるようになり、世の中に名前が売れてきたときは本当に喜びです。

 

 

 

15.クリエイターを育てること

 

社会にうまくなじめなくて、フリーランスで働いている若いクリエーターさん達が大勢います。

 

そういう人の中には、あるテイストの仕事はうまくできたんですが、依頼されたテイストが少し違っただけでできなくなってしまい、自信を失ってしまう人もいるんです。

そうなると本人がやる気をなくしてしまうんです。

 

そうやって今、当社と仕事をしてくれているクリエイターの人たちも多くの人たちが入れ替わってしまっているんです。

 

これから世の中でそういったことが少しでも起きないようにするために、学生のうちにそういう現場の仕事のことを教えてあげたい、と考えて今は専門学校で講師もしています。

 

これからクリエイターの仕事を目指す人たちに、実際の仕事の現場レベルで必要なことを教えて、話してあげることができれば少しでも若い人たちの役に立てると思ってやっています。

 

クリエイターが世の中で下に見られるのが嫌なんですよね。

この仕事は「これ、すぐできるんでしょ?すぐやってよ」とかいう仕事の依頼のされ方をしやすいので。

それを作って納品するためにクリエイターたちがどれだけ悩んで作ってることか。

 

僕はクリエイターというのは日本の財産だと思っているんです。

 

日本で作ったゲームが世界で売れて外貨を稼げるわけですから。

数少ない外貨を稼げる産業の一つだと思っているんです。

 

そうなると若い世代のクリエイターたちが安心して仕事をできるように現場を作ったり、教育の段階で必要なことを教えてあげたり、そうしてもっと良いチームを作っていくことが今の北海道には一番必要なことなんではないかな、と思っています。

 

宝くじが当たったら、自分でその学校を作りたいです(笑。

 

 

 

16.会社のこれから

 

まずは最低でも今の黒字を継続することです。

 

 

次に新しい取り組みとして、一つは会社の事業として、自社コンテンツや自社作品を持つことです。

 

これまでエクスデザインがやってきたことは、全てお客様、ユーザーのための制作でありました。

委託を受けて作っているので、作ったもの全てお客様に権利譲渡しています。

どれだけ良い作品を作っても、自分に資産が何一つ残っていない状態でした。

 

もう一つは「アナログ化」です。

 

今の世の中はデジタルで喜ばれるのは当たり前の時代です。

でも、どうしてもデジタルって私の中では軽薄なんです。

タブレットなどのデバイスの画面上で画面をめくれば次のページに行きます。

そうするとその前のページは物理的に存在しなかったことになってしまいます。

描いた絵も同じで、データだけの絵は画面上で選択しなければ出てきません。

 

僕は描いた絵を手に取れるものに「具現化する」ということをしたいんです。

後に残る「モノ」を作る、というコンテンツ作りです。

 

最近ですとUVプリンターを導入して、クリエイターのためのサービスプラン、を始めようとしています。

モノづくりの根幹にもう一度戻りたい、と考えているんです。

 

 

最後は、これはずーっと昔から言ってきている目標ですが、1階にカフェがあって2階に事務所がある、という会社にしたいです。

 

僕はそこで掃除をしています(笑。

 

一番お世話になったの会社の師匠のマネでもあるんですけど、それを聞いたときに「いいな!」と思って自分の目標にしています。

 

コミュニケーションする場所を作る、っていうのは非常に魅力があるんですよね。

飲食店をやりたいということではないんです。

飲食店は、僕にそのセンスはないですし、難しすぎます(笑。

 

カフェに展示スペースを作って、そこにデータではない「モノ」になった作品を置けるようにしたいんです。

そこには作家さん、クリエイターさん、ファンの皆さんが来てくれて、上の階では社員が働いてくれていて、というカフェをやりたいんです。

 

社員が歳をとった時にはそのカフェでも働けるようにしたいです。

それができればすごくいいな、と思っています。

 

自分自身が歳を重ねてきて、身体が若い頃と違ってきたときにこういうことを考え始めるようになりました(笑。